「酒粕リユース・クラフトジン」好評につき、革新的フレーバーの新作発売決定! 〜世界初・廃棄物の酒粕をリユースした環境に優しいジン造りで循環経済を目指すプロジェクト〜

エシカル・スピリッツ株式会社 (所在地:東京都渋谷区 共同創業者:山本祐也、魚住りえ、山口歩夢、小野力、加藤咲)は、「循環経済を可能にする蒸留プラットフォーム」をモットーに、日本酒を生産する際に発生する副産物である酒粕を蒸留し、新時代のクラフトジンやウィスキーを生産する蒸留ベンチャーです。この度、6月1日よりフレーバード・クラフト・ジンの新商品「LAST EPISODE 0 -ELEGANT-」の販売を開始します (公式オンラインショップhttps://shop.ethicalspirits.jp/にて購入可)。

【新商品LAST EPISODE 0 -ELEGANT-】
ピンクペッパーとラベンダーを中心にローゼル、ハイビスカス等を効かせた、-MODEST-と比べて複雑で華やかな香りが特徴のフレーバードジンスタイルになっています。
原材料名   :粕取り焼酎(長野県)、ジュニパーベリー、ハイビスカスティー(ローゼル)、ピンクペッパー、コリアンダーシード、ラベンダー、カルダモン、生姜、シナモン、カフィアライムリーフ、花椒
アルコール度数:47度
内容量    :200ml

【LAST GIN EPISODE 0シリーズ】
日本酒を生産する際に発生する副産物である酒粕をリユースし、クラフトジンやウィスキーを生産するプロジェクトの第一弾〜LAST GIN EPISODE 0〜。‘飲む香水’をコンセプトに、長野の銘酒「真澄」の酒粕、鳥取の千代むすび酒造の蒸留技術、そしてエシカル・スピリッツ社によるオリジナルなボタニカルレシピをコラボレーションさせた、ボタニカルの香りを豊かに感じられるジンです。そのフレーバーを味わうことで、酒粕の大量廃棄の解消や耕作放棄地の活用といった、サステイナブルな社会創りに関わることができることが特徴です。本シリーズでは、伊勢丹新宿本店限定販売(3/4〜4/30)にてご好評いただいたLAST GIN EPISODE 0 -MODEST-に、今回の新商品LAST GIN EPISODE 0 -ELEGANT-を加えた2種類の異なるフレーバーをお届けいたします。

<ブランドページ>
https://lastgin.com/
<公式オンラインショップ>
https://shop.ethicalspirits.jp/

【販売について】
LAST GIN EPISODE 0は、公式オンラインショップにて購入することができます。ご好評につき、スモールバッチの限定版から、今回よりお求めやすい価格での通常版を造ることができました。つきましては、容量が約2倍となる375mlのボトルでの販売開始を予定しています。通常版の販売開始に伴い、以下の通り商品の価格を改定いたします。
(改定前)
限定版 200ml/税抜3,255円(税込3,580円)
    ⇓
(改定後)
通常版 200ml/税抜2,000円(税込2,200円)
    375ml/税抜3,000円(税込3,300円)

【エシカル・スピリッツが目指す世界】
エシカル・スピリッツは、今後も順次商品を展開すると共に、国内初のエシカル生産及び消費に特化した蒸留所を開設し、世界オンリーワンかつナンバーワンのスピリッツブランドを目指します。弊社は、以下3つの思い・目標に向けて、引き続き取り組んでまいります。
(2020/3/4プレスリリースもご参照ください。)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000054781.html

1.   循環経済の実現
エシカル・スピリッツの目指す循環経済は、弊社・米農家・全国の日本酒蔵の三者からなります(図1)。まず、全国の日本酒蔵で廃棄されるはずの酒粕を当社が購入し、酒粕をリユース・蒸留してジンやウィスキーを生産します(=エシカル・ジン・プロジェクト)。次に弊社はそこで生まれた利益をもとに米農家から新米を購入します。そして米農家はその新米を全国の酒蔵に納品することで、全国の酒蔵は再び日本酒を生産することができ、酒粕が生成される…というサイクルが可能になります。

2.   酒粕を日本酒に負けないくらい「誇れる」プロダクトに
日本酒造りの工程において、使用される酒造好適米(以下、便宜的に「酒米」と記します)全体量の65-70%が「日本酒」として出荷される一方、残りの30-35%が「酒粕」となります。酒粕は、伝統的に粕漬けや粕汁など食品や飼料に利用されてきました。また昨今ではチョコレートや化粧品など新しい利用法も出てきていますが、前者の需要低迷と共に産業廃棄物として処理される酒粕も多いのが現状です。このようなロスを無くし、搾りの段階で別れた兄貴分である日本酒に負けないくらいの付加価値を持つ、誇れるプロダクトにしたい。
そういう思いで我々は本プロジェクトに取り組んでいます。

3.   LAST GINを飲むことが、農耕地の再生に繋がる
現在、日本の農村部では耕作放棄地が問題となっています。その面積は1980年の12.3万haから2015年には42.3万haと3倍以上に増加しています(1)。
耕作放棄地が増えると、田んぼの保水能力減による農村部での水害増加や、獣害、病虫害を引き起こし、農村部に深刻な打撃をもたらします。
LAST GINプロジェクトではその容量と同量の酒造好適米を新たに生産委託し、酒粕提供日本酒蔵に送ります。
また、中長期的にはその作付対象を耕作放棄地にしていく計画を持っています。
事業計画通りの進捗を達成することができれば、3年後には東京都内の農業で生計を立てている専業農家の耕作放棄地(田んぼ)(2)の約100%相当分を再生することができると考えています。

<注>
(1)内閣府資料より
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/2030tf/281114/shiryou1_2.pdf
(2) 東京都 農林業センサス東京都発表分より
https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/nourin/2015/ng15t00000.htm

【エシカル・スピリッツ概要】
<共同創業者>
エシカル・スピリッツには、メディアや日本酒分野、エンターテインメント、デザインなど様々な分野でトッププレイヤーとして活躍してきた個性豊かなメンバーが揃っています。

山本 祐也
1985年生、石川県出身。2014年より日本酒産業での取り組みをスタート、日本酒セレクトショップ「未来日本酒店」を運営する株式会社未来酒店の代表として、「未来の基幹産業を創る」をテーマに活動する。一次産業である酒米生産(佐渡島)、二次産業である委託醸造(11銘柄)、三次産業である日本酒小売専門店経営にそれぞれ取り組む。これらを有機的に繋げて運営していることが評価され、2018年に農林水産大臣により、6次産業化推進事業者として認定を受ける。
過去にはAKB48プロジェクトの運営会社にて事業開発を担当、それ以前は、野村證券及びJPモルガン証券にて投資銀行業務に従事。
一橋大学社会学部卒。ケンブリッジ大学大学院修了
酒匠、唎酒師(SSI認定)

魚住 りえ
元日本テレビアナウンサー。フリーアナウンサー。スピーチ・ボイスデザイナー1995年に日本テレビにアナウンサーとして「所さんの目がテン!」「ジパングあさ6」「京都心の都へ(ナレーション)」などを担当。2004年にフリーに転身し、テレビ・ラジオを問わず幅広く活躍している。特に、各界で成功を収めた人物を追うドキュメンタリー番組 テレビ東京系列「ソロモン流」では、放送開始から10年間ナレーターをつとめ、500本の作品に携わった。およそ30年に渡るアナウンスメント技術を活かし、「魚住式スピーチメソッド」を立ち上げ、話し方を磨くための指導を行っている。著書「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」(東洋経済新報社)が16万部を超えるベストセラーに、近著「たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書」(東洋経済新報社)がシリーズ累計21万部を突破した。
慶応義塾大学文学部(仏文学専攻)卒。

山口 歩夢
1995年生、千葉県出身、SAKEベンチャーWAKAZEの商品開発担当、蔵人。千葉県のフルーツブランデー蒸留所 Mitosaya薬草園蒸留所にて発酵・蒸留のノウハウを学び、月に一度のオープンデーでは季節のノンアルコールジンを蒸留。昆虫食スタートアップANTCICADAでは商品開発とレストランでのお酒のペアリングを担当。酒類の中で特にジンに対しての知識を持ち、日本最大のジンに特化したイベントであるGINFESTIVAL TOKYOではジンコンシェルジュとして来場者の好みに合わせたジンをアテンドした。東京農業大学大学院醸造学専攻在学中。「味覚」についての研究を行っている。

小野 力
1994年日本生まれ。ファーストキャリアで、デロイトトーマツコンサルティングにてコンサルティング業務に従事。その後ロンドンに移り、Fuzed Innovations Ltd を起業し、共同創業者兼CEOに就任。大小のスタートアップ企業におけるコンテンツマーケティングにおける最適なソリューションを開発した経験を持つ。UCLInnovation & Enterpriseのスポンサー獲得に成功。2019年8月にはSAPのアジア初のアクセラレータ、SAP.iO Foundry Tokyoの採択スタートアップ5社に選出。2020年より株式会社dotDにBusiness Architectとして入社。dotDでは、大企業のデジタル新規事業立ち上げを支援している。
University College London(UCL)卒。

加藤 咲
1991年生、宮城県出身。2014年に博報堂アイスタジオに入社。大手の自動車・化粧品・健康機器・飲料メーカーのWEBサイトやアプリの制作に従事。また、「YUMMY SAKE」のメインデザイン・アートディレクションも担当した。デジタルクリエイティブを中心とした企画立案やグラフィック制作など、統合的なデザイン・アートディレクションを得意としている。2019年よりビジュアルデザインスタジオWOW inc.へ入社、UI/UXデザイン制作に従事。武蔵野美術大学卒業。グッドデザイン賞、Webby Award、ACC、AD STARS他、多数の広告賞を受賞。2017年、ヤングカンヌサイバー部門 Silver、ヤングスパイクスデジタル部門日本代表。

<ブランドページ>
https://lastgin.com/
<公式オンラインショップ>
https://shop.ethicalspirits.jp/
2020年6月1日(月)より発売

公式SNS
<Facebook>
https://www.facebook.com/ethicalspirits/
<Instagram>
https://www.instagram.com/lastginjapan/

関連記事

  1. オンキヨー、振動(音)を利用した人の行動認識技術の開発と論文発表のお知らせ

  2. NMB48の推しメンが道案内!?「MAPLUSキャラdeナビ」にNMB48が登場!

  3. ALS啓発フェス、アーティスト追加発表「MOVE FES. 2019 Supported by Hard Rock Experience」 androp・内澤崇仁、BRADIO、HOME MADE家族・KUROの出演が決定

  4. CBRE、越境EC事業を展開するインアゴーラの国内最大の物流拠点「インアゴーラ ロジスティックスセンター」への移転プロジェクトをサポート

  5. アダストリアが茨城ロボッツの選手とTシャツをデザイン! グローバルワーク イオンモール水戸内原店にて11月14日(木)より先行販売開始

  6. 2月8日(土)開催「ぷよぷよカップ SEASON2 2月 東京大会」インターネットライブ配信URLが決定!

  1. 【会員数累計10万人突破!!】街コン・婚活パーティーのイベントサイ…

  2. 世界の有名シェフたちによるMSC認証水産物を使った「サステナブルな…

  3. 「ほぼ日のおやつ展。」渋谷PARCO「ほぼ日曜日」で1月16日(土)か…

  4. 「ヒーリング」をテーマに旅の全てがコーディネートされたあたらし…

  5. 神奈中タクシー株式会社とアニメ『約束のネバーランド』のコラボキ…