アライアンス・パワー―「三方一両得」の経営

アライアンス・パワー―「三方一両得」の経営

川邊 康晴 (著)

 

内容(「BOOK」データベースより)

アライアンス経営の実践ノウハウ満載。コア・コンピタンス連合で「三方一両得」経営。「情融」「知融」「人融」を駆使。企業提携の「仲介役」が明かす成功モデルの誕生。アライアンスの基本的な考え方や発想法、アライアンスすることによって企業を変革していくシナリオを数多くの具体例を示しながら提示した。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

川邊/康晴
1935年福岡市博多区生まれ。58年九州大学法学部卒業。同年、西日本相互銀行(現在の西日本シティ銀行)に入行。92年専務。98年西銀経営情報サービス(現NCB経営情報サービス)社長。2001年会長。現在、川邊事務所会長。博多商人の家に生まれた生粋の博多っ子。アライアンス経営をテーマにした講演活動も活発(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

関連記事

  1. ジョイント・ベンチャー戦略大全: 設計・交渉・法務のすべて

  2. 新版 アライアンス戦略論

  3. M&Aジョイント・ベンチャー

  4. 成功する企業提携

  5. ジョイント・ベンチャー契約の実務と理論【新訂版】

  6. アライアンス戦略論

  1. アフターケアを気にすることなく、お気に入りの1着を。リネット×フ…

  2. チェボラ(販売代理店:ファインピース)とトラダルクのコラボレー…

  3. 森永製菓「inゼリー」×FiNC 4ヶ月連続プレゼントキャンペーン 〜…

  4. コロナを機にEC強化へ、京都の伝統産業と「Creema」とのコラボレー…

  5. マッスルスーツEveryとTBSラジオ『たまむすび』がコラボレーション!