アライアンス・イノベーション: 大企業とベンチャー企業の提携:理論と実際

アライアンス・イノベーション: 大企業とベンチャー企業の提携:理論と実際

中村 裕一郎 (著)

 

 

内容紹介

大企業にとってベンチャー企業との提携(アライアンス)は成長戦略にとって不可欠で,欧米ではオープン・イノベーション戦略として広く活用されているが、日本では,あまり利用されていない。本書は,そのための課題と処方箋を提示する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中村/裕一郎
1956年山形県米沢市に生まれる。1979年横浜国立大学経済学部卒業。1979年~2013年富士通株式会社勤務。二度の海外駐在員時代も含め経営戦略、経営管理業務に従事。1999年から2013年は、ベンチャー企業との提携、コーポレート・ベンチャーキャピタル活動の責任者。2011年横浜国立大学大学院国際社会科学研究科修了。博士(経営学)。2011年宇都宮大学客員教授。2013年上武大学経営情報学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連記事

  1. コラボレーションとコミュニケーション

  2. ノーリスクで儲かる仕組みをつくる「コラボ」の教科書

  3. アライアンス・パワー―「三方一両得」の経営

  4. アライアンス戦略論

  5. 新版 アライアンス戦略論

  6. ジョイントベンチャーハウツーガイド

  1. アフターケアを気にすることなく、お気に入りの1着を。リネット×フ…

  2. チェボラ(販売代理店:ファインピース)とトラダルクのコラボレー…

  3. 森永製菓「inゼリー」×FiNC 4ヶ月連続プレゼントキャンペーン 〜…

  4. コロナを機にEC強化へ、京都の伝統産業と「Creema」とのコラボレー…

  5. マッスルスーツEveryとTBSラジオ『たまむすび』がコラボレーション!