アライアンス・イノベーション: 大企業とベンチャー企業の提携:理論と実際

アライアンス・イノベーション: 大企業とベンチャー企業の提携:理論と実際

中村 裕一郎 (著)

 

 

内容紹介

大企業にとってベンチャー企業との提携(アライアンス)は成長戦略にとって不可欠で,欧米ではオープン・イノベーション戦略として広く活用されているが、日本では,あまり利用されていない。本書は,そのための課題と処方箋を提示する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中村/裕一郎
1956年山形県米沢市に生まれる。1979年横浜国立大学経済学部卒業。1979年~2013年富士通株式会社勤務。二度の海外駐在員時代も含め経営戦略、経営管理業務に従事。1999年から2013年は、ベンチャー企業との提携、コーポレート・ベンチャーキャピタル活動の責任者。2011年横浜国立大学大学院国際社会科学研究科修了。博士(経営学)。2011年宇都宮大学客員教授。2013年上武大学経営情報学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連記事

  1. ケーススタディ 企業間コラボレーションを成功させる契約交渉の進め方

  2. ジョイント・ベンチャー戦略大全: 設計・交渉・法務のすべて

  3. M&A・アライアンス契約書の作成と審査の実務

  4. M&Aジョイント・ベンチャー

  5. 起業初心者がジョイント・ベンチャーで失敗しない2つのルール

  6. ジョイントベンチャーのデメリット!多国籍企業との工場建設。JVが失敗に終わった話し (10分で読めるシリーズ)

  1. 【会員数累計10万人突破!!】街コン・婚活パーティーのイベントサイ…

  2. 世界の有名シェフたちによるMSC認証水産物を使った「サステナブルな…

  3. 「ほぼ日のおやつ展。」渋谷PARCO「ほぼ日曜日」で1月16日(土)か…

  4. 「ヒーリング」をテーマに旅の全てがコーディネートされたあたらし…

  5. 神奈中タクシー株式会社とアニメ『約束のネバーランド』のコラボキ…