ダッソー・システムズ、3DEXPERIENCE WORKSの新オファーを発表 クリエイティブ・プロセスに付加価値を提供

• 「Standard」「Professional」「Premium」の3つの新オファー 3DEXPERIENCEプラットフォームにつながるSOLIDWORKSデスクトップ機能を提供
• 全てのオファーに世界クラスのデザイン・アプリケーションである「SOLIDWORKS 3D Creator」「SOLIDWORKS 3D Sculptor」を搭載
• 新オファーはシームレスなコラボレーション機能や標準搭載のデータ管理機能、自動ソフトウェアアップデートを搭載。SOLIDWORKSユーザーは新しいカスタマー・エクスペリエンスを創り出せるように
• プラットフォーム・アプローチによってユーザーの時間とコストを削減、ユーザーはより多くのビジネスの選択肢を増やすことが可能に

3DEXPERIENCE WORKS の発表風景 (2020年2月10日、米国ナッシュビルの3DEXPERIENCE World 2020 会場にて) (出典:Courtesy of Dassault Systèmes)

3DEXPERIENCE WORKS の発表風景 (2020年2月10日、米国ナッシュビルの3DEXPERIENCE World 2020 会場にて) (出典:Courtesy of Dassault Systèmes)ダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は本日、3DEXPERIENCE WORKSを発表しました。「統合化」「自動化」「コネクテッド」といった特長によりSOLIDWORKSユーザーのクリエイティブ・プロセスをよりシームレスかつ効率的なものにします。

「Standard」「Professional」「Premium」の3つの新オファーには、SOLIDWORKS Standard、SOLIDWORKS Professional、SOLIDWORKS Premiumの各アプリケーションがそれぞれ含まれており、インストール、ライセンス認証、アップデートは全て3DEXPERIENCEプラットフォーム上で行われます。また作成したデータを3DEXPERIENCEプラットフォーム上に保存可能です。プラットフォームとつながることによって、SOLIDWORKSユーザーは、なじみのあるSOLIDWORKSのデスクトップ・アプリケーションを使ってカスタマー・エクスペリエンスの創造に取り組みつつ、デジタル・プラットフォームの利点 (優れたコラボレーション機能、使いやすいデータ管理機能、自動ソフトウェアアップデート、場所や時間を問わずに最新のプロジェクト・データにアクセスできる利便性) を享受できます。なお3DEXPERIENCE WORKSの日本国内における提供は未定です。

拡張可能なこれらのオファーには、3D Creatorと3D Sculptorが含まれます。いずれも次世代の設計アプリケーションであり、ブラウザの種類を問わず、どこでも使用できます。ユーザーは、 (従来のデスクトップ版3D CADの) SOLIDWORKSの各種機能に加えて、

3DEXPERIENCE WORKSの豊富アプリケーション群から、必要なアプリケーションだけを選択して使うこともできます。さらにユーザーは、プラットフォーム上の全サービスを利用できるため、 (今回発表するオファーを使用することで) 自社のデジタル・トランスフォーメーションのチャンピオンになることができます。

ダッソー・システムズのSOLIDWORKS CEOであるジャン・パオロ・バッシは次のように述べています。「私たちのお客様は、設計以上のことに取り組みたいと思っています。自ら手掛けるプロダクトが、世に出たときに生み出すエクスペリエンスを、実際に感じたいと思っています。そのためには、より良い設計、シミュレーション、ガバナンス、マネジメント、マニュファクチャリング、そして最も重要である、バリューチェーン全体でのコラボレーションが必要です。私たちはお客様に向けて、彼らのビジネスに見合うだけの多くの選択肢をご提供したいと思っており、それこそが私たちが今回、3DEXPERIENCE WORKSをご紹介する理由です」。「今回の新しいオファーによって、SOLIDWORKSユーザーの皆様は、なじみ深いSOLIDWORKSのデスクトップ・アプリケーションを使えるのみならず、非常に大きな付加価値を手にすることになります。3DEXPERIENCEプラットフォーム上では、何もかもが、そして誰もが、コンセプトづくりから設計、シミュレーション、製造、販売、サービスといった各プロセスに関わることができ、一つの連続したループ (輪) の中で、皆が一体となってつながることができます。もちろん、私たちのSOLIDWORKSのユーザーの皆様は、SOLIDWORKSデスクトップ版を引き続きお使いいただけます。今回発表した新オプションは、ユーザーの皆様が試行錯誤を重ねたり業務を遂行したりするための時間を生み出すためのものです。なお、今後、同様のオファーを教育機関やスタートアップ向けにも提供していく予定です」

詳しくはこちら:
ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE プラットフォーム、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューション
http://www.3ds.com/ja

ダッソー・システムズとつながるソーシャル・アカウント
Twitter
https://twitter.com/3dsjapan
Facebook
https://www.facebook.com/DassaultSystemesNippon
LinkedIn
https://jp.linkedin.com/company/dassaultsystemes
YouTube
https://www.youtube.com/user/3DSJapan

(以上)

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは、3DEXPERIENCEカンパニーとして、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約25万社のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)、www.3ds.com/ja (日本語)をご参照ください。

3DEXPERIENCE、Compassロゴ、3DSロゴ、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、BIOVIA、NETVIBESおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。

関連記事

  1. チャットとつながるタスク管理ツール「ReTask」が「LINE WORKS」と連携 ガントチャートも作成できるチーム共有型クラウドタスク管理ツールReTask。ビジネスチャットと連携し、プロジェクトメンバー間の作業依頼など、リアルタイムにやり取りできます。

  2. ASAサイクリング×映画「あの空の向こうに」コラボの関連動画が100万再生突破。映画スピンオフのライドイベント開催!! 山下リオ、矢部昌暉(DISH//)出演の映画第3弾の予告編、そしてMs.OOJAが歌う主題歌も爽やかに感動を誘う

  3. 業界の枠を超えてデジタル文具を推進するパートナーイベント第3回「コネクティド・インク東京」を開催 IT(情報技術)、文房具、教育、AI(人工知能)各分野の有力企業が参加

  4. 渋谷でシェアリングエコノミー、モビリティ、コミュニティ、エモテックの未来を考える いま注目シェアリングエコノミーから人の心を揺さぶる「エモさ」とテクノロジーを掛け合わせるエモ・ハッカソンまで、未来を追求するイベントが目白押し!

  5. トキメキ着せ替えコーデ協力RPG『CocoPPa Dolls(ココッパドール)』新・星6ガチャ「Mysterious Mermaid」が登場!&コンテストテーマ決定!

  6. 情報の管理・表示を拡充し、プレゼンテーション機能が進化した最新CAD・BIMツール“Vectorworks 2020”を発売

  1. 【会員数累計10万人突破!!】街コン・婚活パーティーのイベントサイ…

  2. 世界の有名シェフたちによるMSC認証水産物を使った「サステナブルな…

  3. 「ほぼ日のおやつ展。」渋谷PARCO「ほぼ日曜日」で1月16日(土)か…

  4. 「ヒーリング」をテーマに旅の全てがコーディネートされたあたらし…

  5. 神奈中タクシー株式会社とアニメ『約束のネバーランド』のコラボキ…