関係人口を創出しながら、地方の季節的な人手不足を解消する新たなサービス「おてつたび」が、水産業での実施をスタート! 東北の若手漁師集団「フィッシャーマンジャパン」の協力を得て第一弾は宮城県石巻市で実施!今後、岩手県釜石市・三重県尾鷲市との事業者とも連携を進めつつ、徐々に事業者を増やしていきます。

地域の困りごとをお手伝い(仕事)しながら旅が出来るマッチングプラットフォーム『おてつたび』を運営する株式会社おてつたび(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:永岡里菜、以下「おてつたび」)が、宮城県石巻市・岩手県釜石市・三重県尾鷲市の3地域での水産にまつわる『おてつたび』をスタート。第一弾として、宮城県石巻市でのワカメの刈り取りお手伝いの募集を開始。水産業での『おてつたび』は初めてになります。

▼概要
収穫時の農家やハイシーズン時の旅館等での実施が中心だった『おてつたび』に、初めての水産業の事業者が追加されます。宮城県石巻市では「フィッシャーマンジャパン」、岩手県釜石市では「NPO法人アラマキ」、三重県尾鷲市では「株式会社ゲイト」が運営する定置網漁業、と現地事業者とのコラボレーションが実現。水産業での人手不足を人と人とが出会うチャンスに変えていきます。
https://otetsutabi.com/

この事例のポイントとは?
【限定資料配布中】

▼水産業でのおてつたびスタートの背景
水産分野における就業者は、平成 10 年に 27 万 7,000 人であったものが平成 29 年には 15 万 3,000 人と概ね半減しており、水産分野の有効求人倍率は、全国平均1.54倍に比べ漁船員 2.52 倍、水産養殖作業員 2.08 倍と厳しい状況となっています※。一方で、おてつたびに登録する若者は、地域に興味関心が高い層が多く、2019年1月末に『おてつたび』をβ版ローンチして以来「水産業でのおてつたびに行ってみたい」という声を多数頂いていました。私たちとしても、水産業での深刻な人手不足解消のファーストステップとして、まずは短期的・季節的な人手不足を中心に水産業に関わるキッカケを多数創出したいと思い、今回の実施に至りました。
※農林水産省「漁業就業動向調査」より

▼登録事業者と募集中のおてつたびの内容の紹介

  • 宮城県石巻市「フィッシャーマンジャパン」

(団体概要)
漁業のイメージをカッコよくて、稼げて、革新的な「新3K」に変え、次世代へと続く未来の水産業の形を提案していく若手漁師集団。2024年までに三陸に多様な能力をもつ新しい職種「フィッシャーマン」を1000人増やすというビジョンを掲げ、新しい働き方の提案や業種を超えた関わりによって水産業に変革を起こすことを目指す。
https://fishermanjapan.com/

(おてつたび内容)
【三陸・FJコラボ】ワカメの刈り取りおてつだい! 家族の愛と、ワカメに囲まれて。一緒に浜で暮らしませんか?

 期間①2020年03月10日 ~ 2020年03月25日
期間②2020年03月26日 ~ 2020年04月09日
https://otetsutabi.com/plans/20

桑浜の海のワカメ収穫!夫婦2人3脚という言葉がぴったりな夫婦と一緒に石巻を堪能しませんか!?

期間①2020年03月11日 ~ 2020年03月26日
期間②22020年03月26日 ~ 2020年04月10日
https://otetsutabi.com/plans/21

  • 岩手県釜石市「NPO法人アラマキ」

(団体概要)
2016年に発足したNPO法人。「三陸食べる通信」という食べ物付き情報誌を発行。作る人と食べる人をつなげることをテーマに活動をしている。三陸の磯焼け対策を解決する、satoumiプロジェクトをでは、行政や漁協とも一緒に事業を展開。三陸では、季節ごとに繁忙期がある生産者がおり、若者にきてもらえると助かるという声がある。おてつたびを通して、三陸のファンを作って行きたい。
https://www.facebook.com/otsuchi.taberu/

(おてつたび内容)
今後展開予定

  • 三重県尾鷲市「株式会社ゲイト」

(団体概要)
東京で居酒屋「くろきん」を多店舗運営しながら、三重県尾鷲市須賀利町にて漁業へも参入。現在は、三重県尾鷲市、熊野市で定置網漁を実施しながら、市場には出回らない魚を自社の居酒屋で提供する。また、定置網漁の現場スタッフは女性中心で構成し、女性でも漁業ができることを発信。おてつたびを通して、女性でも漁業に関われることを伝えたい。
https://gateinc.jp/

 (おてつたび内容)
今後展開予定

▼『おてつたび』について
『おてつたび』は、地域の短期的・季節的な人手不足で困る事業者(宿泊施設や農家等)と、「知らない地域へ行きたい!」「仕事をしながら暮らすように旅したい」と思う地域外の若者をマッチングするweb上のプラットフォームです。誰でも簡単に知らない地域で仕事をしながら旅ができる世界を目指します。

おてつたびを利用する若者は、報酬を得ながら地域を旅することができるので、通常よりも旅費を低く抑える事ができ、また自分の出来る事や得意・スキルを活かしたお手伝いを通じて地域にぐっと入り込むことを可能とします。お手伝いを通して地域の方と深い関係ができ、気づいたら自分にとっての特別な地域(=地域の関係人口)ができている、そんな”新しい旅”の形を提案しています。

この事例のポイントとは?
【限定資料配布中】

▼会社概要
会社名 株式会社おてつたび
代表者 代表取締役CEO 永岡里菜
所在地 〒150-0001東京都渋谷区神宮前5丁目53−67 コスモス青山コスモスサウス3F
設立    2018年7月
URL    https://otetsutabi.com/
※サービス拡大中につき、各ポジションにて積極的に採用を行っております。おてつたびのビジョンに共感いただけた方は、是非以下の募集情報よりご応募いただけますと幸いです。
https://www.wantedly.com/companies/company_1381802

 〈本件による問い合わせ〉
株式会社おてつたび 担当(田中)
 info@otetsutabi.com

 〈受け入れ先としての問い合わせ〉
https://otetsutabi.com/business

関連記事

  1. 全国2店舗限定!ありそうでなかった新感覚スイーツブランド「Cheese Cheese Chocolate Cheese」 チョコレート×チーズのフィーチャリングスイーツ~渋谷・名古屋でバレンタイン限定ショップ登場!

  2. インドネシア・ジャカルタで『地域金融機関3 行合同お取引先交流会』を初開催 ~インドネシア進出の日系企業同士 ビジネスチャンス創出を狙う~

  3. 「ロックマン」シリーズと「ばくだん焼本舗」のコラボ決定!!  「ロックマン」シリーズと「ばくだん焼本舗」のコラボが1月18日(土)よりスタート!

  4. [プレスリリース]レノボ、VR(仮想現実)技術による療養中児童の苦痛軽減をスターライト・チルドレン財団との共同研究により実証 84%の回答者がヘルスケア分野をはじめとする社会的課題の解決手段としてテクノロジーに期待を寄せる -レノボ国際調査

  5. 【大阪発】ブレない男らしいスタイルを発信し続けているアパレルブランド・DIVINER(ディバイナー)が、2020春服新作5点を発表。

  6. お薬手帳持参率向上に!JR東日本×シンリョウのコラボお薬手帳発売! 一冊で服薬管理に役立つ!出先にも持って行きたいJR東日本新幹線のお薬手帳が期間限定で登場!

  1. アフターケアを気にすることなく、お気に入りの1着を。リネット×フ…

  2. チェボラ(販売代理店:ファインピース)とトラダルクのコラボレー…

  3. 森永製菓「inゼリー」×FiNC 4ヶ月連続プレゼントキャンペーン 〜…

  4. コロナを機にEC強化へ、京都の伝統産業と「Creema」とのコラボレー…

  5. マッスルスーツEveryとTBSラジオ『たまむすび』がコラボレーション!